NEX6を買いました。

さて、突然ですが、NEX6を買いました。

[amazonjs asin=”B009Z3PCKQ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ソニー ミラーレス一眼カメラ α NEX-6ズームレンズキット NEX-6L/B”]

一眼レフカメラは、F70→F5→D50→D700と、フルサイズ機メインでした。

そもそも、なんで買ったの?

カメラは用途別に分けるのがベストプラクティスだと思っています。

  • スナップ:コンデジ、スマホ
  • 気合入れるもの:一眼レフカメラ

その、中間地点の落とし所を探っていたのです。

E-PM1を持っていたけど、どうにも画質に少し不満あり。

そもそも、E-PM1を買った理由は、

  • センサーサイズが小さいもの:望遠側が有利
  • センサーサイズが大きい物:画質が奇麗

望遠側を使うだろうと思ったけど、使う機会がほぼないという…笑

イベントなんかの様子を撮ろうとしてたけど、イベント自体あんまりなかった…。

で、どうしてNEX6を買ったの?

2014/2/17〜2014/4/5と、福岡県の小倉へ長期出張となるのですが、なにもしないのはモチベーションもあがらない。

せっかくなら…と思ってこのblogを作成したのが発端でした。

どうせなら、旅の思い出を写真に収めるために、カメラを新調しようというのが動機でした。

そもそも、じゃあ、E-PM1のマイクロフォーサーズでいいじゃん?

と思っていましたが、ファインダーが欲しかったのです。

少し前までは、LUMIX G6が候補でした。

[amazonjs asin=”B00CRVWY2W” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G6 レンズキット 高倍率ズームレンズ付属 ブラック DMC-G6H-K”]

(6万前後かー…)

と敬遠していたのですが、ふとNEX6の存在を知る。

NEX自体は、初代NEX5を持っていたことがあり、画質に文句はなかった。

バッテリーの減りが早いこと、レンズが重かったこと、ファインダーがなかったことが手放す理由だった。

なんでファインダーにこだわるの?

以前、江ノ島撮影散歩に行った時に、明るいところで液晶を見ながら撮影だったのですが。

とれた画像はまだしも、液晶を手で多いながらの撮影に疑問を持っていました。

EVFだろうと、ファインダーがあればオールマイティーに撮れる、と。

EVF付きで検討して、LUMIX DMC-G6でした。

が、この時点でNEXは候補から外していたのでした。

NEX、の上位機種にはEVFが付いていることを知る。

NEX6,NEX7。

NEX5を買った時の敬遠していた問題

  • バッテリーの減りが早い
  • 重い
  • ファインダーがない

ファインダー問題は、NEX6もしくはNEX7ならばクリア。

重い問題は、レンズが進化していた。最近はパワーズームレンズが出ていて、旧標準レンズの半分の大きさ半分の重さになっていた!

バッテリーの減りが早い問題は、普通に考えれば、予備バッテリーで解決かな?と思っていたら、USB充電なので、モバイルバッテリーが使える。

本当は、色みがよいというフジフイルムのカメラも視野に入れていたのだが、フジのEVF付きカメラはX-E2で、レンズ合わせて15万円くらい。

この時点でない、と判断。

RAWでとってLightRoomで現像すりゃいいんじゃね?とも思うわけです。

ということで、問題点はクリアされた…。

しかも、今月新製品発売といううわさがあり、値段もかなり下がっている…。

さらに、中野のフジヤカメラで2/8,9限定kakaku.comより安い46,800円!

生産完了品だから安いのかね。でも問題ない。

そして購入へ

ということで、E-PM1と使っていなかったコンパクトデジカメとをかばんにいれて中野へ。

フジヤカメラで下取りして、11000円くらい。下取交換なので10%UP。

フィルタ、液晶保護フィルム、予備バッテリーを買ったらそのくらいの値段。

開封編はまたあとで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする